自分を覚えてもらおう

会いに行く頻度

仲良くなりたいキャバ嬢がいたら、会いに行く頻度を考えてください。
1か月に1回のペースでは、今度会いに行ってもキャバ嬢は自分のことを忘れてしまいます。
寂しいですが、キャバ嬢は毎日いろんなお客さんとコミュニケーションを取っているので仕方がないことです。
会いに行く頻度を増やしたり、ペースを早めてください。

さすがに毎日会いに行くとお金が無くなるので、できないと思います。
1週間に1回は、キャバ嬢に会いに行ってください。
そのぐらいで会いに行くと、忘れられる心配はありません。
大好きなキャバ嬢に会うと、仕事の疲れやストレスを癒すことができます。
疲れをずっと放置するのはおすすめできないので、1週間に1回は利用しましょう。

話す内容に注意

キャバ嬢は、何でもこちらの話を聞いてくれます。
ですから、つい仕事の愚痴や嫌なことを長々と話してしまう人がいるのではないでしょうか。
ですが、愚痴を聞いていてもキャバ嬢は疲れるだけです。
仕事なのでキャバ嬢は笑顔で対応してくれますが、内心は嫌がっているかもしれません。

キャバクラで愚痴を話すのは悪いことではありませんが、仲良くなりたいキャバ嬢に話すことはおすすめできません。
もっと、楽しいことをたくさん話してください。
するとキャバ嬢は、自分と一緒にいて楽しいと思ってくれます。
早く顔や名前を覚えてくれますし、良い印象を与えるので仲良くなりやすいです。
最近会った楽しかったことや、嬉しかったことを伝えましょう。



TOP